ツマベニチョウ , , ,

ツマベニチョウ Hebomoia glaucippe シロチョウ科シロチョウ亜科

国内分布: 九州(鹿児島県、宮崎県)、南西諸島
国外分布: 東洋区
食草産卵: ギョボク(フウチョウソウ科)、葉裏に1個ずつ
発生期: 4~11月(4~5回)
越冬態: 蛹
生態: 民家周辺や林縁を力強く飛翔し、よく花に集まる
特記: シロチョウ科では世界最大種