ダイミョウセセリ , , , ,

ダイミョウセセリ Daimio tethys  セセリチョウ科チャマダラセセリ亜科

国内分布: 北海道(西南部)、本州、四国、九州
国外分布: ミャンマー、中国、ロシア極東地域、朝鮮半島、台湾
食草産卵: ヤマノイモ、ナガイモ、カエデドコロなど(ヤマノイモ科)。葉の表面に1個ずつ
発生期: 5~9月(3回)、寒冷地5~8月(2回)
越冬態: 幼虫(終令)
生態: 低地~低山地の樹林周辺に見られる。飛翔は敏速だが、すぐに草上にとまる。訪花性強く、吸汁、吸水性もある
特記: 近畿北部以西のものは後翅表面に白帯があらわれるが以東のものにはない(関西型と関東型)