ゴマシジミ , , ,

ゴマシジミ Maculines teleius シジミチョウ科
国内分布: 北海道、本州、九州
国外分布: ユーラシア大陸北部
食草産卵: ワレモコウ、ナガボノシロワレモコウ、カライトソウ(バラ科)。未熟な花穂に1個ずつ
発生期: 7月中旬~9月(1回)
越冬態: 幼虫
習性: 草原を緩やかに飛び、花を訪れる
特記: 3齢幼虫まではワレモコウ類を食べるが、以降はクシケアリによって巣に運ばれてアリに蜜を与えるほか、アリの卵や幼虫を食べて育つ。