ウラナミシジミ , , ,

ウラナミシジミ Lampides boeticus シジミチョウ科 ヒメシジミ亜科

国内分布: 本州(千葉県房総半島)以西のほぼ日本全土
国外分布: アジア、アフリカ、ヨーロッパ南部
食草産卵: ソラマメ、アズキ(栽培種)、ノササゲ、ヤマハギ、クズ(野生種)など(マメ科)。花穂、茎などに1個ずつ
発生期: 多化性、土着の地ではほぼ周年発生
越冬態: 成虫、幼虫、蛹
生態: 低山地~山地の樹林、渓流沿いによく見られる。飛翔は敏速で、ウツギ、ヤマフジ、ゲンゲ(レンゲソウ)、クリなどの花を訪れる
特記: 食草近くを敏速にとぶが花にすぐとまり、採集しやすい