「かば田てんとまる」