「六本松複合施設」

九州大学六本松キャンパス跡地(北側)にJR九州が開発をすすめる複合施設(SJR六本松・六本松421・MJR六本松)のプロジェクトに弊社は緑地計画および施工を担当しました。
この緑地設計の依頼を受けたのは平成26年の冬、事務所のエアコンの調子が悪く、寒さで手をぶるぶる震わせながら資料作りをしたことを覚えています。
このまちづくりのテーマは「人がいきいきと交流し、理性をはぐくむ、季節を感じる、賑わいと良心が触れあえるまち」と聞きました。

施工場所の目的、環境条件などさまざまな条件や制限を加味し設計を行います。
その後、施主からの要望、ゼネコンとの折衝など目に見えない試練があり、今回はハードルがマックスにでした。贅沢な予算があれば苦労はないのですが、すこしずつ壁を乗り越え設計を具現化していく、会社あげての取り組みとなりました。

現在キャンパス跡地は、洗練された都市機能と自然の涼やかさをそなえた、福岡でも注目を浴びる存在となりました。施主やゼネコン担当者の笑顔が何よりの結果となりました。

SJR六本松 屋上緑化六本松421 遊歩道MJR六本松 ガーデンラウンジMJR六本松 ガーデンラウンジ外観